プロフィール

オーナーシェフ 中森 真吾

キャンティ飯倉本店を経てイタリアへ渡り、数々の三ツ星レストランで修行。
その後、リストランテ オステリア六本木店を経て、地元金沢でラ・ヴィータをオープン。イタリア地方の料理をベースとしたオリジナルティあふれた料理を提供しています。

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
アーカイブ
recent comment
レコメンド
モバイル
qrcode
パワード
無料ブログ作成サービス JUGEM
Torta di mele




タルトか焼きリンゴか迷った挙句に合体させて焼きました!
リンゴと相性の良いマルサラ酒入りパスタフローラに
ウベッタを詰めたアルプスの乙女。

nakamori|2011.11.01 Tuesday|comments(0)

Carciofi




イタリアヴェネト地方よりカルチョーフィが入荷!
コン スピネと言ってとげ付きのアクが少なめで生食出来るタイプ。
いろいろな使い方が出来ますが今日はシンプルにSott`olioにしました。
火入れも若干浅目にコリコリしてしています。ミントと共にローマ風に。

 

nakamori|2011.11.01 Tuesday|comments(0)

Specialita di autunno



秋も少しずつ深まり日本海のぶりもこれから徐々に

おいしくなっていきます。関東ではワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ

金沢はコゾクラ、フクラギ、ガンド、ブリと言います。

 ガンドを軽くアフミカートしパルマの生ハム、出始めの地物白采で

巻いたアンティパストです。秋の定番メニューの一つで

今年は松任産胡椒草を添えました。

ピリッとした辛味の薬味とレモンフレーバーオイルで。

nakamori|2011.10.24 Monday|comments(0)

Tigelle

 

今やラヴィータの常連イタリア人達 Bologneseの必ずオーダーする
ティジェッラの紹介です!モデナやボローニアあたりのバールにある
パニーニの様なパン ティジエラは写真にあるように専用の道具で
焼きあげます。各自コルテリーノで横に開きプロシュートやモルタデッラ等
を御好みではさみ食べます。本来ラードで焼き上げるのが本当ですが
ラヴィータでは臭みのないグラッソ ディ ファラオーナで焼いています!
六本木オステリア時代はsalsiccia e ruccolaでした。
蛎殻町の物作りマエストロ GANZO http://ameblo.jp/ganzo-blog/のAさん           いかがでしょうか?

nakamori|2011.10.14 Friday|comments(0)

Brodo di faraona

 
ラヴィータの料理には素材の持っている香り、味、食感、
風味を2~3種類の素材だけで組み合わせるシンプルな
料理と旨みを足し算して深みのある味に仕上げるものがあります。
後者に必要な。必ず常備しているラヴィータの
味のベースアイテムの一つ!ホロホロ鳥のブイヨンは
油にもきれいな旨みがありいろいろな料理に使っています。
ランチで御出ししているパスタ イン ブロードは
シンプルにこれを味わうことが出来きます!

nakamori|2011.10.11 Tuesday|comments(0)