プロフィール

オーナーシェフ 中森 真吾

キャンティ飯倉本店を経てイタリアへ渡り、数々の三ツ星レストランで修行。
その後、リストランテ オステリア六本木店を経て、地元金沢でラ・ヴィータをオープン。イタリア地方の料理をベースとしたオリジナルティあふれた料理を提供しています。

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
アーカイブ
recent comment
レコメンド
モバイル
qrcode
パワード
無料ブログ作成サービス JUGEM
ビンビー




ラヴィータのオープン以来16年間使いつずけていたイタリア製
ミキサー ビンビ がこの間壊れてしまったのだけども配線むき出しの
状態で何とか復活。200vのハイパワーでいろんな食材を粉砕
し続けてくれています。これだけ使い込んでると未練たっぷり。
本来なら市場に出回ってるアメリカ製や日本製に買い替えるのだけれども
このビンビイタリア本国で購入しわざわざ日本に持って帰ってきた
思い出深いアイテムだけになかなか捨てられません!こうなったら
モーターが焼き焦げるまで使い込んでやろうと思ってます。
やっぱりいい料理を作るには道具の力は大切です!

nakamori|2014.08.19 Tuesday|comments(0)

パーネ カラサウ



ラヴィータの定番!フォカッチャと共に常に提供している(ディナー)
パンの紹介です。パーネカラサウと言ってサルディニアの薄焼きパンです。
作り方も独特でまずパン生地を作り分割したら生地を伸ばしていきますが
2枚重ねて丸く伸ばしそのまま焼きます。しばらくして生地がふくらんだときに
2枚をはがします。それぞれを又1枚ずつパリッと焼き上げて完成です。
このパンはいろいろな料理としてもアレンジできます。
この生地にトマトソースを塗ってペコリーノチーズを振ったり、
ブイヨンに浸してトマトソース チーズと何層も重ねラザニアのようにしたり
2枚の生地を剥がしたすこし柔らかい状態でクレープのように具を包んだり・・
なんといっても塩をかけてパリパリとポテトチップのようにして食べるのが
シンプルでとてもおいしいんです!夏まだまだ暑い日が続きますが
キーンと冷えた白ワインと共にいかがでしょうか。




 

nakamori|2014.08.12 Tuesday|comments(0)

ペルシュウ金ラベル 



ペルシュウ金ラベルフルポーションです。左側がクラッチャといわれ
脂がのっていて超薄切りすると口の中でとろける部位で特に中ほどから
上部にかけてが最高の部位になります。右側はフィオッコ 
.さっぱりとした淡白な肉質の部位で薄切りもいいけど
バトンに切って肉の旨味を存分に味わうのもお勧めです。
ただ今クラッチャ、フィオッコ盛り合わせで提供いたしておりますので
ご興味がおありの方はぜひどうぞ!
 

nakamori|2014.08.11 Monday|comments(0)

Piccione all'orvietana



以前オルビエートに訪問したとき 現地のリストランテで食べた

鳩料理を再現しました。ウンブリア地方はオリーブオイルの生産が

多いのもあって鳩もオリーブ煮にしていました。写真は賄用なので

ぶつ切りにしましたがお客様には食べやすいようにお出ししています。

ディナーのプリフィックスコースで! またはアラカルトでもOKです!


 

nakamori|2014.07.18 Friday|comments(0)

Casoncelli



トラディツィオナーレを一皿。ロンバルディア州ブレッシャーの料理カゾンチェッリ。

お肉の赤ワイン煮込みをミンチしキャンディーのように包むのが特徴です。

僕がいたRISTORANTE LA SOSTAではサフランソースで出していた料理ですが

今回は基本にのっとってブーロ エ サルビアで。ディナーにて提供中です!

nakamori|2014.07.17 Thursday|comments(0)